引越しトラック 大きさ 道路の幅

引越しトラックの大きさと道路の幅

引越しトラック 道路の幅

 

引越し業者はいろいろな大きさのトラックを所有しています。
どの大きさのトラックを選ぶかは荷物の量次第ですが、小さいトラックのほうが大きいトラックより経費が安く済むので大きければいいという問題ではないのです。

 

トラックが小さすぎると荷物がすべて入り切らなくて意味がないので、大きすぎず小さすぎない適正な大きさのトラックが必要です。

 

それとトラックの大きさが決まっても、引越しする物件に面する道路の幅によってはそのトラックが使用できないことがあります。
トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

運ぶ荷物の量が多いときは大きなトラックを使いますが、物件に面する道路の幅が狭いとこのトラックが使用できません。
物件から少し離れた場所に停めて台車を使って作業をするか、小さなトラックを何台か用意することになります。

 

どういう風に引越しするかはケースバイケースです。