ロフトベッド 配送 ダブル家賃

引越しでダブル家賃を回避する方法

引越し 家賃

 

賃貸物件の引越しの場合は、現住所の家賃と新居の家賃を同じ月に支払うことになる可能性があります。
これは実に勿体ないですよね。

 

ダブル家賃を回避することはできないものでしょうか?

 

現住所を契約した際に、「退去の連絡は○ヶ月前までに」という項目があると思います。
物件によっては1ヶ月、3ヶ月前に伝えることとありますが、急な引越しもありますから言うなら早いほうが良いです。

 

まず現住所の管理会社に物件からの退去予告をしてから新居を探しましょう。
月末ギリギリを引越しの予定日として、翌月からは新居の家賃となるのが理想的です。

 

退去までに余裕があるなら建設中の新居物件を予約するという方法もあります。
建設中なので手付金を支払えば予約ができて、家賃は発生しません。

 

ほかには1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件を狙うという方法もあります。
しかしタイミング的にそう上手くいかないこともありますね。

 

その場合は新居物件の管理会社やオーナーさんと相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみるのです。
物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なので、引く手あまたの物件でなければ交渉に応じてくれることもあります。

 

あと意外と忘れがちなのが、駐車場です。
駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。